相手がメンズエステ嬢だったとしても二人の時間を盛り上げてあげようという気持ちは大事なことなのです

これは、ありえない!と思う程デリヘルで気持ちよくなれる方法教えますよ!貴方がデリヘルを利用する時、必ずと言っていいほど好みの女の子を選ぶと思います。モチロンそうですよね!ブサイクとエッチしたって気持ちよくなれるわけありませんからね!しかし、この顔の好みのトークを利用して更にデリヘルで気持ちよくなれる方法があるのです。

あなたがデリヘル嬢とエッチする時、必ずどこかシャワー室、またはベッドルームなどで話をする時があると思います。その時普通に「きみ可愛いね!」「きみエロイね!」とか言いますよね!しかし僕だったらこう言います。「ありがとう!キミのでスグにイキそうだよ!」「もう一回イキたいから延長してもいいかな?」と…このように、デリヘル嬢にキミだけが上手いと言い聞かせる事が一番のポイントとなって、多くのデリヘル嬢はもっと気持ちよくさせようとエロくなってきます。

本当は気持ちよくなくとも、この言葉を投げかける事により、一層気持ちよくさせようと努力します!それからは、そのデリ嬢はヤリたい放題になってきますよ!このアゲアゲムードを作って更に気持ちよくなってみませんか?今までに見た事のないエッチプレイを魅せてくれる事でしょう!

アブノーマルなサービスを提供してくれるメンズエステなんて存在するのでしょうか?

風俗で行われているサービスの中には、アブノーマルなプレイがあるのですが、多くの男性が気になっているのは〝アナルファック〟ではないでしょうか。アナルファックというのは肛門への挿入の事なのですが、風俗では本番が禁止されているので、アナルへの挿入に関心が湧いてくる方もいらっしゃるはずです。

風俗嬢もアナルファックが可能な子がいるので、気軽に利用していいと思うのですが、経験がないと結構踏ん切りがつかずに利用するのを延ばし延ばしにしてしまうのではないでしょうか。肛門への挿入はウイルス感染のリスクが高いので、コンドームの着用を必須とするのですが、慣れている男性はコンドームナシでプレイする方もいらっしゃるようです。

女性の膣の代わりに肛門への挿入を試みると思うのですが、肛門は汚物が出てくる場所ですので、きちんとコンドームをして挿入するようにしましょう。肛門への挿入を汚いという方もいるのですが、セックス(膣への挿入)よりも気持ちいいらしく、ハマってしまうプレイのひとつなので、一度は経験してみてもいいと思います。

アナルファックは女性の肛門への挿入ですが、自分の肛門にバイブを挿入してもらうサービスなどもあるようですから、興味がある方はぜひ利用してみて下さい。

メンズエステでも人気のオプションである「口内射精」の上手なやり方

口内発射は風俗でも人気があるオプションです。基本サービスとなっている風俗店も多いでしょう。しかし風俗にも様々な業態がありますので、本番が期待出来るにもかかわらず口内発射でということは、考えにくいものです。本番行為がないもので、口内発射のサービスを行っているでしょう。

しかし男性によっては構内で発射できない人も中にはいます。この原因として心の何処かに「申し訳ない」という気持ちがあるように人が、口内発射出来ない傾向にあるようです。まずいだろうなぁとか嫌だろうなぁとか思ってしまうと、気持よくてイキたくなっても、どうしてもそこで止まってしまうといった感じです。

風俗嬢の方は口内発射が基本サービスとなっていればそういしようと試みますし、8割方の男性が口内発射を気持ちがいいと感じているのも事実。となれば、なんとか口内発射でフィニッシュをと考えて一生懸命にサービスを続けてくれるでしょう。結果かえって長いプレイを強いてしまうことになりますよね。

それに焦る気持ちが出てしまうと、男性は案外デリケートですから、またまたイキにくくなってしまうということになるのです。口内発射でイクのは難しいなと感じたら、男性は早めに手コキなどでフィニッシュをしてしまいましょう。長々とサービスをさせるよりもいいです。

また実際のところ口内発射が男性側に負担なく出来るほどのテクニックを持っている風俗嬢が少ないのも事実です。「ああ、我慢出来ない」といった感じで口内発射に至れば、それが一番いい状態なわけで、「申し訳ない」という気持ちが優っているということ自体、そういった気持が介入できないほどの快感は与えられてないことになります。

口内発射をする側もちょっとした訓練が必要なときがあります。例えば病気や怪我などで止む無くおむつを履かされても、なかなか排尿も排便も出来なかったという経験をも持っている人もいるのではないでしょうか。それでも切羽詰まれば、出来るようになりますよね。

それと同じで「切羽詰まるほどの快感」があれば、口内発射も出来るようになり、一度出来れば段々と気にせずに行えるようになるのです。またどうしても出来ないというならば、嬢に「口内発射しなくていいよ」と告げましょう。嬢のほとんどは口内発射を苦痛に感じていますから、それについては喜ぶでしょう。

基本サービスだから絶対にそうしなければならないわけではなく、客の意向によってはしない選択も可能です。

メンズエステとピンサロの違いを幾つかピックアップしてみました

風俗はあまり行きませんが、嫌いだということではありません。ちゃんとデリヘルとかも呼んだりしますが、ちょっと話がつまんないというか、まだスナックのほうがいいなかと思ったりもするわけです。もちろんスナックでエッチな事ができるわけないですが、それはそれで楽しかったらいいかな?という感じです。

えてエッチな事が期待できなくても、あんまり気にならないんですよ。ただ先日友人に付き合ったピンサロにはびっくりしました。風俗じゃないけど、風俗とおんなじ事をしてくれるよということは事前に聞いていました。風俗の女性は話もあまり面白い子がいないので、その点は期待できないなと思っていました。

「今日はエッチな事をする日と決めよう」という感じで付いていったのです。自分のイメージとしてはピンサロはあまり若い子がいなくて、暗いから50代の女性までいるといったところですが、この店は全然違ったんですよね。若い子がついてくれました。しかも口もたつし、話していても面白いのです。

これだったらあえてピンサロで働かなくても、ベシャリでなんとかなるだろうにと思いつつ、楽しく時間を過ぎしているとエッチな事をする時間が少なくなってしまいました。焦って何かするのは嫌だったので延長でもしようかとすると、連れは延長せずに店を出たがっている様子。

足並みを揃えるしかないので、残念ではありましたが、エッチな事はせずに帰ることにしました。残り少ない時間になったときに少し口に含んでくれたのですが、まぁまぁテクニックもありそう。この子なら指名も多いだろうなぁとおもったところでした。

もう一度あの子には会ってみたいと考えています。名刺ももらってきましたし、次はしっかり指名してあげたいものです。なにか理由があるのかもしれませんが、間違いなくあの店のナンバーワンでしょう。20代半ばに見えましたが、もしかすると30前ぐらいかもしれません。

友人の方はかなりのトシマの女性が付いたようで、ブゥブゥ文句を言っていました。話を聞くとちょっと気の毒な感じだったので、可愛い子に付いたということは言わないことにしました。それに友人からその子が指名されるのも、気分がいいものではありません。

指名が増えるのですから稼がせてあげたいなぁとは思うものの、やっぱり友人と兄弟みたいになるのは御免です。ヤキモチというものとも違うんですけどね。気に入った女性を知っている人間が指名するとなると、フクザツな気分になるのです。

安心して利用できるメンズエステとピンサロの違いを幾つかピックアップしてみましたが多い渋谷であっても性病リスクを忘れてはいけない

風俗はシッカリして店であれば、そこで働く風俗嬢は定期的に性病検査を行っていますし、接客の後はイソジンなどでうがいをするなど、出来る限りの性病対策を行っています。おちろんそういう事を指導しない店舗や、対策が雑な女性もいるでしょう。

そこは「信頼できるお店を見つける」ということになってしまうのですが、リスクとしては一般の「ヤリマン」とセックスするよりも低いと考えることは出来るでしょう。性病は男性よりも女性のほうが症状が現れにくいものが多く、その女性が「パートナーが居るときにはその人とだけ」というタイプの女性であっても、以前付き合っていた男性から性病を感染されて気がついていないということもあります。

付き合い始めはどんな女性でもあっても、男性経験が全くない女性じゃない限り、経験がる時点で性病リスクは持っているわけです。だからといって自覚症状もないのに、病院で検査を行うということもまずありませんよね。理想としては「付き合うようになった時点で二人で検査を受けてからセックスをする」というのがいいのですが、なかなかそうもいきません。

「1週間後にセックスを初めてあなたとしますから、まず検査でも」なんて言えませんよね。ムードもへっくれもあったもんじゃありません。実勢にお互い浮気もしていないし、風俗にも行っていない、にもかかわらずなぜか性病になってしまった!なんてことはあります。

特に喉頭から感染ってしまうなんてこともあるのです。例えばその時に「お互いだけ」をセックスのパートナーとしていたとしても、以前クラジミアなどに感染したことがあるとしましょう。治療をしても、性器の方の症状は治っても、治りにくい喉頭クラジミアだけは残ってしまうことがあります。

その口でクンニリングスやフェラチオをしたとすれば、相手の性器にクラジミアが感染ってしまうなんてことがあるのです。
性風俗であればプレイの後にすぐ相手がうがいをしても「しょうがないかな」「あたりまえだな」と思えますが、パートナーとのセックスで「すぐウガイ」なんてされると、興ざめと考えてしまいませんか?げげ!オレの事(私の事)キタナイと思ってんの?ってなってしまいますよね。

多くの男女がそう思うのであれば、口頭クラジミアになってしまっている人も、一般人の中に結構いるのでは?と予測することが出来そうです。「今、パートナーだけ」ということが安心なのではなく、付き合い始めたときに性病を全くもっておらず、その後もパートナーとだけ楽しんでいるというのが強力な安心材料です。