メンズエステでも人気のオプションである「口内射精」の上手なやり方

口内発射は風俗でも人気があるオプションです。基本サービスとなっている風俗店も多いでしょう。しかし風俗にも様々な業態がありますので、本番が期待出来るにもかかわらず口内発射でということは、考えにくいものです。本番行為がないもので、口内発射のサービスを行っているでしょう。

しかし男性によっては構内で発射できない人も中にはいます。この原因として心の何処かに「申し訳ない」という気持ちがあるように人が、口内発射出来ない傾向にあるようです。まずいだろうなぁとか嫌だろうなぁとか思ってしまうと、気持よくてイキたくなっても、どうしてもそこで止まってしまうといった感じです。

風俗嬢の方は口内発射が基本サービスとなっていればそういしようと試みますし、8割方の男性が口内発射を気持ちがいいと感じているのも事実。となれば、なんとか口内発射でフィニッシュをと考えて一生懸命にサービスを続けてくれるでしょう。結果かえって長いプレイを強いてしまうことになりますよね。

それに焦る気持ちが出てしまうと、男性は案外デリケートですから、またまたイキにくくなってしまうということになるのです。口内発射でイクのは難しいなと感じたら、男性は早めに手コキなどでフィニッシュをしてしまいましょう。長々とサービスをさせるよりもいいです。

また実際のところ口内発射が男性側に負担なく出来るほどのテクニックを持っている風俗嬢が少ないのも事実です。「ああ、我慢出来ない」といった感じで口内発射に至れば、それが一番いい状態なわけで、「申し訳ない」という気持ちが優っているということ自体、そういった気持が介入できないほどの快感は与えられてないことになります。

口内発射をする側もちょっとした訓練が必要なときがあります。例えば病気や怪我などで止む無くおむつを履かされても、なかなか排尿も排便も出来なかったという経験をも持っている人もいるのではないでしょうか。それでも切羽詰まれば、出来るようになりますよね。

それと同じで「切羽詰まるほどの快感」があれば、口内発射も出来るようになり、一度出来れば段々と気にせずに行えるようになるのです。またどうしても出来ないというならば、嬢に「口内発射しなくていいよ」と告げましょう。嬢のほとんどは口内発射を苦痛に感じていますから、それについては喜ぶでしょう。

基本サービスだから絶対にそうしなければならないわけではなく、客の意向によってはしない選択も可能です。